メッセージ

私は助産師として、これまで多くの女性の産前産後の体調を整えるお手伝いをしてきました。

 

長く自然出産に立ち会っていると、女性の体の不思議な現象を観ることがあります。

 

一見関連性のないような体の器官が、実はとても繋がっていることに気づかされます。

 

そして、自らも閉経後の様々な症状と向き合ってきました。

この経験を通して、さらに気づいたことがあります。

 

閉経後の不調は、もう一度自分自身と向き合いましょうというサインなのです。

 

「性交痛」「子宮下垂」「尿もれ」などの相談が増えています。

自然出産ができる体づくりと産後の肥立ちを良くするケアは、

更年期・熟年期の女性にも役立てることを実感しています。

 

更年期・熟年期の辛い症状のときほど、まずは自分自身のことを優先し楽にしてあげましょう。

 

自分の体の変化が理解し、その変化を前向きにとらえることができた時。

 

今までとは違った新しい感覚がめざめ、新しい変化が訪れます。

 

現代女性はストレスフル。

体質や仕事、結婚、子供の有無、生活環境など、さまざまな要因が身体に影響を与えます。

 

中高年の女性、更年期・熟年期の女性が豊かに美しく、自然に老いを受け入れることができるように。

 

これまでタブー視されてきた、デリケートゾーンのお手入れなど

たつのは、医療従事者としての活動と実績を背景に『女性のための性のトータルケア』を提唱して参ります。

 

独りで悩まず、一緒に探究していきましょう。

たつの ゆりこ

Be born助産院・産後養生院
Be born助産院・産後養生院
伝統医学応用研究所
伝統医学応用研究所

〒157-0072 東京都世田谷区祖師谷6丁目13−13(ビーボーン助産院内)

TEL : 03-5429-2860